HOME 新着情報 製品案内 サポート ダウンロード 販売店様問合せ窓口 リンク 会社概要




株式会社トーシン

TEL 03-3844-9161(代表)
FAX 03-3844-9162
suido_kun@to-shinnet.co.jp




「水道くん」(上水図面作成システム)を利用して立面図作成までの手順をご紹介します。
  1. 間取り図面作成(トレース)
  2. 部品配置
  3. 配管設定
  4. 配管作成
  5. 立面図作成
  6. 自動機能を使って立面図の編集(隠線処理・水栓番号連番入力機能など)

■□ 間取り図面作成(トレース) □■
スキャナーを使い、原図を読み込み「水道くん」画面上に貼り付けます。縮尺を自動で合わせた後、必要箇所( 外壁・間仕切り・道路など ) を画面上でトレースします。
あっという間に間取りが完成します。
作成した間取りは、排水図面にも使用できます。
▲上へ戻る

■□ 部品配置 □■
部品一覧から必要な部品を選択し、各水廻りへ配置します。給水部品も各市町村の仕様に合わせて作成されています。
▲上へ戻る

■□ 配管設定 □■
給水・給湯の管種と口径を設定します。
ここでヘッダー管(XPEP・PBP等)を選択すると、平面・立面共に管の角が丸まります。
また、管長もヘッダー〜器具立上がりまでの総延長で表示されます。
▲上へ戻る

■□ 配管作成 □■
線を書く要領で配管を作成します。部品接続時に、部品と配管がズレていても、きちんと基点を取るように配管が自動調整されます。
また、ヘッダーからは、指定した口数に従い等間隔で配管を接続します。
給湯が必要な地域の配管も同様に行えます。
▲上へ戻る

■□ 立面図作成 □■
平面図を囲むと立面図が自動作成されます。部分的に立ち上げることも可能です。
また、
・立面図の縦・横・高さの倍率指定
・投影角度の指定 (15°/30°/45°)
・投影方向の指定 (左右選択可)
・寸法表記の指定 (「0.3」→「.3」)
・立ち上がり寸法表記の指定(「1.0」→「+1.0」)
などの選択項目が追加され、幅広い地域の対応や、面倒な立面図の編集作業が軽減できます。
▲上へ戻る

■□ 自動機能を使って立面図の編集 □■
●管注記の自動作成



配管をクリックすると設定した管種・口径の情報が引出せます。
 
●隠線処理



立面図を囲むと、立ち上がり管を優先に、一括で自動隠線処理を行います。
●カウントアップ機能 NEW!
     
       
水道栓番や部屋番号を連番で入力します。面倒で間違いやすい栓番は、これで楽に入力が行なえます。
▲上へ戻る

■□ ご購入について □■

資料請求販売店様


製品案内トップページはこちら
カタログのダウンロードはこちら
価格一覧はこちら

Copyright (c) Toshin co.,ltd. All Rights Reserved.